【ほったらかし温泉】新日本三大夜景『甲府盆地』の夜景に酔いしれる旅

ほったらかし温泉の夜景と建物 山梨県

温泉の名前が『ほったらかし』。浴場の名前が『あっちの湯』、『こっちの湯』。ふざけた名前です。宣伝にもまったく力を入れていません。にも関わらず、週末は大人気。「これでもか!」ってくらいの入浴者で賑わいます、、、


ってことで今回は、甲府盆地の夜景と、オープンな露天風呂が自慢の温泉。山梨県にある『ほったらかし温泉』の旅行記を綴ります(^^)/

 

ほったらかし温泉の魅力・注意点

まずは魅力と注意点からどうぞ(^^)/

魅力

 露天風呂からの夜景
★露天風呂からは、新日本三大夜景にも選ばれている甲府盆地の絶景が!
★キラキラと輝く甲府の街並みを一望できます
★朝は一転。神々しい日の出を楽しる!

食事処
★ほうとう、カレー、ラーメン。山の上にも関わらず、豊富なメニュー。美しい夜景を眺めながら、食事を楽しむことが可能です
★お土産屋も併設

広々とした露天風呂では、夜景と日の出を拝むことが可能。ぼくは、光のベールに包まれた甲府盆地にうっとりできる夜がオススメです。営業時間を確認し、ぜひ入浴してみてください(^^)/

営業時間 『あっちの湯』:日の出1時間前~22時(最終受付21時30分)
『こっちの湯』:10時30分~17時(土日祝日は22時)
入浴料金 大人:800円
小人(0歳~小学6年生):400円

『ほったらかし温泉』には『あっちの湯』と『こっちの湯』、2種類の浴場があり、営業時間、展望、広さが異なります。夜景、日の出を見るなら『あっちの湯』一択です。お間違えないように。詳細は下記参照です(^^)/

ほったらかし温泉公式サイト

 

注意点

夜は大繁盛、人多し!
★『ほったらかし温泉』の夜景は大人気。そのため夜は人口密度高め
★のんびり入浴したい人は、時間をずらしたり、『こっちの湯』に入った方が良いかも(>_<)

夜は学生や子連れファミリーで大賑わい。日によって『あっちの湯』はギューギューになります。のんびり温泉を楽したい人には不向きかもしれませんね(>_<)

 

ほったらかし温泉!

ではでは、簡単に『ほったらかし温泉』を紹介していきます

あっちの湯

ほったらかし温泉の様子
駐車場に接した広々としたスペース。『あっちの湯』が向かって左。『こっちの湯』が右です。ちなみに人気なだけあって、駐車場は広大。満車になることはまずないので、ご安心を
ほったらかし温泉の案内看板
『あっち湯』に向かう途中、こんな看板がありました。ふざけた看板です。そのうち、『そっちの湯』とか『どっちの湯』とか新たな浴場が生まれそうですね
ほったらかし温泉のあっちの湯入口
こちらが『あっちの湯』入口。木造の通路を降ります。降りると言っても少しだけですが(^^)
ほったらかし温泉の夜景と建物
入口からでも、輝く甲府盆地がチラリ。建物の向こう側に露天風呂が広がっています。「露天風呂から眺める夜景、絶対キレイじゃん!」、、、
期待が膨らみます( ̄▽ ̄)
ほったらかし温泉の入浴料支払窓口
玄関口はこんな感じ。券売機があるので、大人800円を購入。チケットを受付のお兄さんに渡します。ちなみにタオルが100円だか、200円で売られているので、ぶらっと入浴でも大丈夫(^^)/
浴場は、撮影禁止です。当たり前ですね。HPでチェックです

こっちの湯

ほったらかし温泉のこっちの湯入口
こちらが『こっちの湯』の玄関口。『あっちの湯』同様、券売機でチケットを買い、受付スタッフに手渡します
『あっちの湯』よりは人の出入りが少ないといった感じ。人口密度の高い露天風呂が嫌な人は、こっちの方が良いかもです。『こっちの湯』でも、夜景はしっかり見えるようですよ!
ほったらかし温泉の説明案内
『こっちの湯』の真前に、2つの浴場を説明している案内板がありました。『こっちの湯』は富士山が正面に見えるのですね。昼間の入浴は『こっちの湯』が良いかもです( ̄▽ ̄)

食事処

ほったらかし温泉の食事処
食事処、、、といってもこんな感じでテイクアウト式。でも種類は豊富です。広場には山小屋のような建物もあり、あったかい室内で食べることも可能。また、写真に向かって左側には、ベンチも並んでいて、夜景を見渡すことも可能。夜景を眺めながら、食事をいただくことができるのです(^^)
個人的には山梨名物の『ほうとう』を食べて、旅を閉めるのがオススメ。出汁の効いた温かくて美味しい『ほうとう』。新日本三大夜景を眺めながら、ぜひお試しを!(^^)!

旅のまとめ

簡単ですが、『ほったらかし温泉』の紹介は以上( ̄▽ ̄)

今回ぼくは『昇仙峡』を観光してからの入浴ですが、『河口湖』、『西沢渓谷』、少し離れて『富士山』や『忍野八海』など、山梨の観光地とセットで立ち寄るのがオススメ。聴くところによると、『八ヶ岳』、『御岳山』など登山帰りの方々も多く足をはこぶのだとか、、、。解放感ある温泉だからこそ、とことん遊び尽くした後に、入浴しましょう。気分最高ですよ(^^)

【昇仙峡】覚円峰、弥三郎岳から山梨の絶景を望む旅!【夜はインスタ映え】

ってことで、山梨旅行の際は『ほったらかし温泉』への立ち寄り、ぜひご一考を!

 

今回は以上です!
それでは、また(^^)

  1. […] 山梨県 【ほったらかし温泉】 オセアニア […]